2009年12月26日

トム・ウェイツのライブCD「Glitter And Doom Live」

おはようございます、あおきです。


今日は音楽ネタです。

ここ一週間は前回ネタにしたアムロちゃんの新譜、ビートルズ「ホワイト・アルバム」、
ニッケルバックの編集ベスト、クリードの「Full Circle」など中心に
聴いていました。

22日仕事が終わって藤沢に寄って、例のごとくタワーレコードへ。
また視聴しまくりです。お世話になりっぱなしです。

そこで新譜CDを物色していると、
ふとあるライブCDが目にとまりました。

トム・ウェイツのライブCD「Glitter And Doom Live」。

トム・ウェイツは高校生のときにアナログ盤の「Rain Dogs」を買ったことが
ありますが、当時はあまりピンと来ずに2回ぐらいしか聴きませんでした。
あの特徴的な嗄れた声の良さがわかりませんでした。

なにかピンと来たのでしょう。視聴することにしました。
すると聴き進むと魅かれるものがあって買い求めることにしました。
それからは1日に1回ずつ聴いています。

コンサートライブなんだけど、なにか場末のクラブで演奏を聴いている感じです。
高校生のときには理解ができなかった特徴的な嗄れた声がとても魅力的です。
60歳のオジサンのパワーにぐいぐいと引き込まれています。

疲れているときに聴くと何か癒させる感じがします。
ビールやウイスキーなどを飲みながらのんびり聴くとぴったりかもしれません。
そしてまた「Rain Dogs」を押入れの奥から出してきて聴いています。

今の音楽に飽きている方にはぜひ一聴をオススメします。
tom waits.jpg


トム・ウェイツのwikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%84

トム・ウェイツのアンオフィシャルサイト「Downtown Train」
http://sound.jp/downtown-train/
posted by あおき at 08:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34395228

この記事へのトラックバック

『酔いどれ詩人』〜元祖・ちょいワルオヤジ〜
Excerpt:  もし街で見かけたらオシャレな酔っ払いのオッチャン? 愛しの、“酔いどれ・・・ちょい不良オヤジ”♪^^ その名は、トム・ウェイツ。 歌手、そして俳優。 唯一無二、誰にも真似できないオリジナリティがここ..
Weblog: 面白ブックマーク♪
Tracked: 2010-03-25 19:41